5865804082 | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール

Navigation

現在位置: ホーム

私たちの教会(教会案内)

永福町教会は、日本キリスト教団の教会です。聖書を学ぶことを中心に、日曜日の礼拝、聖書研究・祈祷会、教会学校、その他の集会が行われています。 なお、教会の礼拝堂は1Fにありバリアフリーになっています。

 

信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である。          (コリントの信徒への手紙一 13:13)

     礼拝堂スナップ

わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。          (ヨハネによる福音書 15:5)

 

 永福町教会は、江戸末期以来、日本にキリスト教を伝えたプロテスタント30余派教会が合同して誕生した日本キリスト教団の教会です。

聖書を学ぶことを中心に、日曜日の礼拝、聖書研究・祈祷会、教会学校、その他の集会が行われています。一人一人の信仰を大切にし、その信仰の交わりにおいて永福町教会が形成されています。

日曜日は子どもの礼拝【旧教会学校礼拝】(9時から)と一般礼拝(10時から)の2回礼拝が行われていますが、永福町教会は集うすべての人、様々な事情で集う事ができないけれども、交わりに連なること願うすべての人によって存在していると理解し、信じています。

牧師からのメッセージ

「信仰生活」というのは「礼拝の生活」です。神さまを拝み、全身をささげて神様に仕える生活です(ローマの信徒への手紙 12:1)。

 

宗教法人日本基督教団 永福町教会

牧師 髙柳竜二

所在地 〒168-0064 東京都杉並区永福町 2-55-15 (2015年10月より住居表示が変更されました。)

電話・Fax 03-3321-3447

 

アクセス(地図)

       教会地図20160731

永福町教会の歩み

永福町教会の前身は、1877(明治10)年12月8日に設立された「日本基督教会両国教会」です。両国矢ノ倉(現在の東日本橋)において毎日曜に伝道集会が開かれていたのが始まりです。1879年に会堂を建設しますが、1923(大正12)年の関東大震災で灰燼に帰し、会堂を再建したところ、また1945(昭和20)年には東京大空襲によって記録一切とともに焼失しました。

その後は永福町在住の長老宅で礼拝が守られていましたが、1948年には現在地に会堂を建設、「永福町教会」と改称するとともに翌年には小羊幼稚園を開設しました。

1964年に会堂と幼稚園舎を新築し、その後50年を経て、2013年度をもって幼稚園を閉じ、現在の敷地に新会堂を建てることにいたしました。

主の導きによって2015年10月から、思いも新たに、新会堂で礼拝を捧げることになりました。